FC2ブログ

古蹟めぐり

百合若物語

 ←宗任石―杵築市 →滝尾百穴横穴古墳ー大分市
昨日、杵築市の安倍氏伝承地の紹介のなかで百合若大臣のことが出ましたので大分市の百合若大臣の伝説を拾ってみました。

真薦池 1
まこも(蒋)ヶ池の由来記
所在地 大分市元町五組

伝説によるといまから一二〇〇年前の昔、嵯峨天皇の時代のことです。このころ豊後の上野丘の地に、百合若大臣という鉄の大弓を使っていた大変力の強い国主が住んでいました。
百合若の父は左大臣の公光という偉い方でした。当時、百合若は勅命で蒙古を討つために部下を連れて筑紫の国に向かい、対馬の沖で敵と戦い大勝しました。帰りの途中に玄海の島で休息をとり深い眠りにつきました。家臣の別府兄弟は百合若を捨てて部下を引き連れ豊後の地に帰り着きました。そこで百合若は海上で戦死したことにして別府太郎が国主になり、栄華な生活をおくることになりました。
 国主になった太郎は、百合若の妻に心を寄せて無理矢理に自分に従わせようとしました。それでも言うことを聞かないので、最後の手段として、屋敷の側にあった広いまこも池に御台所をす巻きにして沈める計画をたてました。このことを知った屋敷の門番の翁が、ひそかに自分の娘の萬寿姫を御台所の身代わりとして池に入水させて百合若の妻を助けました。
 一方御台所は背の君の死に疑問を持ち、百合若が育てた鷹の足に文を着けて放しました。
島に残されていた百合若のもとに鷹が着いたことで事情が判り、別府兄弟の逆心を知った百合若は苦労して豊後に帰り鉄の弓で別府兄弟を討ち、再び国主になりました。百合若は妻の身代わりとなった萬寿姫の苦節を悼み入水した池の側にお寺を建立しました。そして、まこも池と姫に因んで蒋(まこも)山萬寿寺と号するようになりました。
 百合若大臣の亡骸は、この池の南の丘にある大臣塚に葬られています。なお大友中興の祖といわれた十代目の大友親世がこの地で亡くなりました。
昔の萬寿寺の旧跡はこの地になります。現在の若宮神社に通ずる旧道と大分川のほぼ中間に位置し、大臣塚・まこも池・瑞光寺等も含めて広大な寺城を形成していました。盛時は豊後第一の禅寺で海内でも有数な寺院でしたが、戦国時代に戦火の犠牲となり消失しました。平成五年の現在地でみると東北の方向に見える帆秋病院の辺りも境内の一部になります。なお広大であった往事の萬寿寺のことが刻字された「大乗妙典一石一字之塔」の
石碑が豊永三年(一七〇七)に建立されており現在も帆秋病院の裏庭に大切に保存されています。大臣塚と萬寿姫の祭祀は、毎年一〇月二日に萬寿寺が行っています。
参考資料「豊府古磧研究」(郷土史蹟伝説研究会編)

真薦池由来
関連記事



もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 古代八幡信仰
もくじ  3kaku_s_L.png 放生会
もくじ  3kaku_s_L.png 瀬織津姫神
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 観光情報
もくじ  3kaku_s_L.png 大分の温泉
もくじ  3kaku_s_L.png 文化財
もくじ  3kaku_s_L.png 古社
もくじ  3kaku_s_L.png 古寺
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 大分の民話
もくじ  3kaku_s_L.png 遺跡
もくじ  3kaku_s_L.png 古蹟めぐり
もくじ  3kaku_s_L.png ひとりごと
もくじ  3kaku_s_L.png 山伝承
もくじ  3kaku_s_L.png 妙見
もくじ  3kaku_s_L.png 河童伝承
もくじ  3kaku_s_L.png 気になる樹木
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国
もくじ  3kaku_s_L.png 田舎暮らし
もくじ  3kaku_s_L.png 鹿児島
もくじ  3kaku_s_L.png 古墳
もくじ  3kaku_s_L.png 日出町
もくじ  3kaku_s_L.png お勧め:工房
もくじ  3kaku_s_L.png ニギハヤヒ
もくじ  3kaku_s_L.png 遠野より
もくじ  3kaku_s_L.png 円空
もくじ  3kaku_s_L.png 風琳堂
もくじ  3kaku_s_L.png 託宣する神
もくじ  3kaku_s_L.png 本の話
もくじ  3kaku_s_L.png 神話・伝承
もくじ  3kaku_s_L.png 壁画古墳
もくじ  3kaku_s_L.png 対馬
[宗任石―杵築市]へ [滝尾百穴横穴古墳ー大分市]へ
 

~ Comment ~

おはようございます 

大隅正八幡宮の社家を追っての探索も興味わきますね。
いつも情報いただきありがとうございます。
見させていただきますね。

NoTitle 

百人一首の川原左大臣の子孫が、大隅正八幡宮の社家、
澤家が下向しています。
昨日、更新したわ。
川原左大臣は、嵯峨天皇のお子よね。
光源氏のモデルとか。

郷土史片手に・・ 

なばきゃべつさん
いつも訪問ありがとうございます。

今年も郷土の歴史に拘って徒然に散歩感覚で周っています。

 前九年の役で源義家との戦いに敗れた安倍宗任は家来と共に杵築の加貫に上陸し自然石に腰をかけ、休息したと市史は伝えます。やがて宗任は、近くの民家の者に、人々が「貴布弥様」と呼んでいる場所へ、彼が腰をかけた石を、祭ってもらいたいといい残して立ち去ったとも書かれていました。

 今回の物語も大分市の方の百合若物語伝承地には安倍氏のことは触れられていません。東北から四国、九州へとまだ語られていない伝承があるのかもしれません。ゆっくりの旅が続きます。どうぞあくびをしながらご覧くださいませ。

おはようございます 

楽しく読ませていただきました。
元寇時代のお話ですね。

九州は、歴史のある土地なのだなと
おかみさんのブログを訪問するたびに思います。

歴史もあり、自然に恵まれ 良い所ですね^^


管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [宗任石―杵築市]へ
  • [滝尾百穴横穴古墳ー大分市]へ