FC2ブログ

出雲の神

宿努神社と虹ヶ滝-出雲

 ←安来白鳥ロードと米子水鳥公園 →大分県の瀬織津姫神祭祀-豊後大野市
出雲市多久谷町の虹ヶ滝は、宿努神社の東側にある。

宿努神社は、多岐都比古命・天御梶姫命を祀り、『神国島根』(島根県神社庁)には、出雲風土記の宿努ノ社多久谷権現とある。
同書には、「社域四囲深山にて老樹木に蔽わるが本社より一町程東に滝あり、天御梶姫命、多岐都比古命を生み給うという伝説のある神域なり」とある。

▼宿努神社
宿努神社
▼本殿
宿努神社本殿

宿努神社は、かなり荒廃しており、虹ヶ滝を見物に行った人でも立ち寄る方は少ないと思われる。しかし、伝説を知ってこの周辺を探索すると出雲大社の神祀りとはちがう、もう一つの出雲に触れることができると思う。
近くには、風土記楯縫郡神名樋山の大船山(327.2m)があり、山上に多岐都比古命の御魂と伝わる石神がある。
平田市の多久神社の由緒には、古老の伝に「阿遲須枳高日子命の后、天御梶日女(姫)命多久村に来坐して、多岐都比古命を産み給う。石神は多岐都比古命の御魂なり、旱に雨を乞えば必ず零らせたまへり」と記している(『神国島根』)。同書には、「大船山麓まで海であった。遥か海の彼方近江国より松本一族を始め大衆が大船大明神の供奉をして多久郷に渡来した」とある。
近江国から来た大船大明神とは、天御梶日女(姫)命のことなのかもしれない。
▼虹ヶ滝
虹ヶ滝

もう少しで菊池展明氏の出雲の遺稿集が出来上がる予定である。天御梶日女(姫)命もこの本に登場する神である。
今日は、菊池氏の七回忌、氏の本を開きながら、偲ぼうと思う。




関連記事



もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 古代八幡信仰
もくじ  3kaku_s_L.png 放生会
もくじ  3kaku_s_L.png 瀬織津姫神
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 観光情報
もくじ  3kaku_s_L.png 大分の温泉
もくじ  3kaku_s_L.png 文化財
もくじ  3kaku_s_L.png 古社
もくじ  3kaku_s_L.png 古寺
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 大分の民話
もくじ  3kaku_s_L.png 遺跡
もくじ  3kaku_s_L.png 古蹟めぐり
もくじ  3kaku_s_L.png ひとりごと
もくじ  3kaku_s_L.png 山伝承
もくじ  3kaku_s_L.png 妙見
もくじ  3kaku_s_L.png 河童伝承
もくじ  3kaku_s_L.png 気になる樹木
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国
もくじ  3kaku_s_L.png 田舎暮らし
もくじ  3kaku_s_L.png 鹿児島
もくじ  3kaku_s_L.png 古墳
もくじ  3kaku_s_L.png 日出町
もくじ  3kaku_s_L.png お勧め:工房
もくじ  3kaku_s_L.png ニギハヤヒ
もくじ  3kaku_s_L.png 遠野より
もくじ  3kaku_s_L.png 円空
もくじ  3kaku_s_L.png 風琳堂
もくじ  3kaku_s_L.png 託宣する神
もくじ  3kaku_s_L.png 本の話
もくじ  3kaku_s_L.png 神話・伝承
もくじ  3kaku_s_L.png 壁画古墳
もくじ  3kaku_s_L.png 対馬
もくじ  3kaku_s_L.png 沖縄
もくじ  3kaku_s_L.png 出雲の神
もくじ  3kaku_s_L.png 八十禍津日神
もくじ  3kaku_s_L.png 出雲の国の女神
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼伝承
[安来白鳥ロードと米子水鳥公園]へ [大分県の瀬織津姫神祭祀-豊後大野市]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [安来白鳥ロードと米子水鳥公園]へ
  • [大分県の瀬織津姫神祭祀-豊後大野市]へ