FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2020 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 11

2020-10-  ] 

湯布院ー宇奈岐日女神社2

[ 古社]

2020.10.29

宇奈岐日女神社の境外社の津闇社の紹介です。湯布院町川西字山口の津闇社は、饒速日命・宇摩志摩治を祀っています。津闇社を探して地域の古老の方にどんな神様と伝わっていますか?とお聞きした。津闇社の神様は、姥神様で宇奈岐日女神社よりも古くから祀られている女神であり、宇奈岐日女神と縁のある神だと伝えられている。以前の神社跡は、山の上にあり津闇本宮阿弥陀と書かれているものが残っているとのことでした。由布岳の神...全文を読む

▲PageTop

湯布院ー宇奈岐日女神社

[ 古社]

2020.10.22

宇奈岐日女(うなきひめ)神社 (由布市湯布院町川上2220)ご祭神國常立尊 國狭槌尊 彦火火出見尊 彦波瀲部鸕鷀草葺不合尊神倭磐余彦尊 神淳名川耳尊境内社 厳島社 政正社(天児屋根尊・天種子命) 御年社境外社 杵社(椎根津彦命)、御霊社(天日方奇日方命)、津闇社(饒速日命・宇摩志摩治)福摩社(天富社)、道臣命(蹴折【ママ】社)▼ご神木の切り株▼拝殿▼厳島社▼本殿神殿の周囲は池でかこまれ、池水の神を精霊...全文を読む

▲PageTop

弥五郎どんと八幡信仰

[ 古代八幡信仰]

2020.10.10

以前、大分合同新聞で連載された『大分の伝説』に神と巨人の話がある。九州地方に伝わる巨人の名は大人弥五郎で「彼は宇佐八幡の配下に組込まれているようだ。だが、関東に行くと、その巨人の名はダイダラボッチなどとなる。山を作ったり、足跡をつけたりしている点では大人弥五郎と変わりない」と編者の梅木秀徳氏は書いている。以下は、同書に記載されている大分県内で大人伝承地や大人弥五郎の地名が残る地域である。大人の足跡...全文を読む

▲PageTop

大分県の瀬織津姫神祭祀-豊後大野市

[ 瀬織津姫神]

2020.10.02

豊後大野市三重町久田字神ヶ辻の神明社の紹介です。明治期神社明細帳(大分県立図書館所蔵)には、字谷口より、瀬織津姫命・美津波女賣命・速秋津姫命が神明社に明治17年に合祀されたと記されています。祭神は、天照大御神・素戔嗚尊・大物主神・倉稲魂命が主祭神として祀られています。大分県内でも瀬織津姫神が異称神で祀られる神社は多くありますが、神名そのままに祀る神社は12社です。菊池展明氏の遺稿集『出雲の国の女神』...全文を読む

▲PageTop

前-     2020-10-       翌-

Menu

プロフィール

おかみ

Author:おかみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR