更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

【  2013年05月  】 

大神ファーム

観光情報

2013.05.27 (Mon)

 日出町の大神ファームのバラが満開でした。▼白く咲いているのはカモミールバラの香りを楽しみながら、大神ファームを散歩してきました。今度はどんなバラを庭に植えようかしら・・・なにかに挑戦したり、仕事に頑張ったときの自分へのご褒美にハーブやバラを買います。友人からいただいたバラや植物はいつまでも暖かい心を庭に留めています。だから・・庭にいるだけで幸せを感じます^^...全文を読む

PageTop▲

5月の庭

ひとりごと

2013.05.24 (Fri)

 わが家の5月の庭です^^5月はバラの季節です。挿し木したバラが小さな蕾をいくつもつけて微笑むのを・・・私はにこにこと眺めています。庭では松の剪定をしたり、雑草を抜いたり、夏野菜を植えたりと休む暇もないけどこの忙しい毎日が楽しいです。韓国や出雲の旅もいいけど・・・やはり私の庭でのんびりするのが一番好きです^^...全文を読む

PageTop▲

出雲大社平成の大遷宮祭

古社

2013.05.20 (Mon)

 平成25年5月10日新月に行われた大国主大神さまが元の御本殿にお還りになる「本殿遷座祭」の奉祝行事にご縁をいただいた方々と参加しました。当日境内には12,000人が遷宮の儀式に参列されたようです。私も末席にて60年に一度の大遷宮を観ることができました。▼松の参道...全文を読む

PageTop▲

新羅の神話

韓国

2013.05.08 (Wed)

 新羅に伝わる神話です。『韓国の伝統文化 日本文化とのかかわりの中で』金渙著より延鳥郎・細鳥女A.D157年新羅の東海岸の浜辺に延鳥郎(イヨンオラン)・細鳥女(セオニョ)の夫婦が住んでいました。ある日、延鳥郎が海にいって海藻を採っていると、突然一つの岩があらわれ延鳥郎をのせて日本へ渡っていきました。この延鳥郎を見て日本の人びとは、これは尋常の人物ではない といって、彼をその国の王としました。細鳥女は...全文を読む

PageTop▲

高天原祭:加耶

韓国

2013.05.07 (Tue)

 『韓国の伝統文化 日本文化とのかかわりの中で』金渙著より日本の天孫降臨神話檀君神話と日本の天孫降臨神話を比較考察してみます。『古事記』上巻に天照大神と高御産巣日神は、天孫瓊瓊杵尊に神勅を下されて、「この豊葦原水穂国はおまえが治める国である。よって命令の通りに天降りなされよ」と仰せ付けられました。こうしたことがあって、五伴の緒(五つの部曲の族長)にそれぞれ職務を分担させて従者に加え、瓊瓊杵尊は天降り...全文を読む

PageTop▲

檀君神話

韓国

2013.05.04 (Sat)

 韓民族が深くなじんでいる檀君神話を紹介します。『韓国の伝統文化 日本文化とのかかわりの中で』金渙著より 高僧一然(1206-1289)が正史から漏れたものを補充するという意味で『三国遺事』を書きました。それによると、むかし天帝桓因(ホワンイン)の息子、桓雄(ホワンウン)は俗世を治めようと志し、人間の世に生まれることを願っていました。そこで父桓因はそのような桓雄の気持ちを察し、天符印3個を桓雄に授け...全文を読む

PageTop▲

陜川博物館と玉田古墳群

韓国

2013.05.02 (Thu)

 陜川博物館と玉田古墳群の紹介です。伽揶時代多羅国の支配者の墓地として知られ、竜鳳文様環頭の大刀や金製耳飾などが出土しました。玉田(オクジョン)古墳群を背景に立派な博物館でした。なぜ玉田という地名になったのか伺いましたら、「勾玉を加工する場所であったからでは?」とお聞きしました。加耶では勾玉はあまりないらしく多くは日本から渡ったものだそうです。▼鬼面装飾と書かれていました。加耶にも鬼?・・・と興味を...全文を読む

PageTop▲

アンニョンハセヨ~

韓国

2013.05.01 (Wed)

 はじめての韓国訪問を前に「すぐに使える韓国語日常フレーズBOOK」を購入し、一応お勉強・・・あまり成果の上がらないままに上陸したのが、釜山港。▼山桜が満開でした。▼何を食べたか・・・あとで思い出せるように・・・▼マッコリ(甘酒のような味です。)▼博物館の前で子供たちがフラフープをしていました。懐かしかったので皆でお借りして回してみましたが・・・体が思うように動きませんでした^^まだ韓国語のCDの聞き流しを続...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年05月       翌月

Menu

プロフィール

おかみ

Author:おかみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR