更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 031234567891011121314151617181920212223242526272829302012 05

【  2012年04月  】 

ヤセダの河童

河童伝承

2012.04.30

 豊後高田市真玉町に残るかっぱ伝承のお話です。川の傍に川端地蔵(別名河童地蔵)の石像があります。由来には厄除け・水難除け・交通安全の地蔵さまとして親しまれているようです。また河童の頭の皿に水をそそぐと頭がよくなると伝えられています。ここ真玉にもかっぱが詫び証文を書いたとの伝承が残っています。...全文を読む

▲PageTop

唐溪山―弥勒寺

第12番 唐溪山弥勒寺

2012.04.29

 豊後高田市真玉町大字城前にある唐溪山弥勒寺のご紹介です。六郷満山中山末寺である弥勒寺は仁聞菩薩の開基と伝えられ、江戸時代からは応暦寺の末寺として長く栄えてきました。往事は末坊として六坊を持った寺でした。現在は無住のお寺さんですが、信徒により大切に守られています。本尊は弥勒菩薩で不動明王、毘沙門天像、観音像が安置されています。制作は江戸時代前期から室町時代と云われております。本堂後には三社大権現が弥...全文を読む

▲PageTop

直入町―籾山八幡社・九州第3位の大ケヤキ

古社

2012.04.28

 竹田市直入町長湯にある村社籾山八幡社の紹介です。長湯に行くと湧水をあちこちで汲むことが出来ますが、籾山八幡社の近くにも籾山湧水があります。すぐ近くのお豆腐屋さんまできたら、籾山八幡社へお立ち寄りください。籾山八幡社は境内に大きな樹木がありとても気持ちの良いところです。「直入郡志」には以下のように書かれています。長湯村字社家にあり、直入物部神・仲哀天皇・應神天皇・神功皇后・饒速日命を祭る。景行天皇征...全文を読む

▲PageTop

豊後路―弁財天の石畳と日本一の檪

気になる樹木

2012.04.26

 阿蘇市産山は大分県と熊本県の境に接しています。産山の南部に弁財天の石畳の看板を見つけましたので立ち寄りました。▼檪の根本は空洞になっていました。旅人はこの檪の下で憩い、体力を取り戻して再び旅を続け、女性は木の瘤にさわり乳を授かったと伝えられています。...全文を読む

▲PageTop

長湯―若葉と清滝

2012.04.23

 炭酸泉で有名な竹田市直入町長湯の清滝の紹介です。一帯は清滝公園として整備され、駐車場から250mほど歩くと美しい滝を見ることができます。若葉が美しい季節です。温泉に入る前の散策におすすめです。...全文を読む

▲PageTop

粟島社

古社

2012.04.18

 国東半島の粟島社の紹介です。紀州の加太神社からの勧請で少彦名命が医薬の神様や縁結びの神として祀られています。ウィキペディアには少彦名命のついて以下のように書かれています。大国主の国造りに際し、波の彼方より天乃羅摩船(アメノカガミノフネ)に乗って来訪した神。国造りの協力神・常世の神・医薬・温泉・禁厭(まじない)・穀物霊・知識・酒造・石など多様な姿を有する。『古事記』によれば、大国主の国土造成に際し、...全文を読む

▲PageTop

豊後高田市臼野ー妙見環状列石と妙見像

妙見

2012.04.15

 豊後高田市臼野の妙見社の紹介です。今年の小城観音のご開帳のときに国東半島の野仏を時間を見つけてはお掃除されている方と知り合いました。その方が臼野にお住まいで大きな妙見像のあることを教えて下さいました。夏の盆踊りを妙見像の傍でしていたとも伺いました。臼野の海の方を見ながら妙見像が祀られています。昔は近くまで海だったようです。もう一つ臼野には時安という場所に妙見社があります。「真玉町誌」は天祖神社とし...全文を読む

▲PageTop

湯布院金鱗湖

大分の民話

2012.04.03

 湯布院盆地の朝方は霧の中に深く沈んでいます。霧が晴れてくると金鱗湖の湖水はキラキラと輝きを増します。この金鱗湖近くの川西地区に蛇越し峠という地名が残っています。かって大蛇が峠を越えてよそからやってきたのかもしれません。金鱗湖の横にある案内板にも蛇越し峠の文字が見えます。ではどこからやってきたのでしょう・・・・?以前、国東の真玉町で面白い伝説を見つけましたので紹介します。この伝説の湯布院ヶ池を私は金...全文を読む

▲PageTop

由布院―宇奈岐日女神社

古社

2012.04.01

 由布市湯布院町大字川上字六所にある宇奈岐(うなぎ)日女神社の紹介です。神社よりいただいた案内書より湯布院盆地の東南に位置するこの神社は別名を六所宮また六所様、木綿(ゆう)大明神とも呼ばれてきた。太古の昔~湖であったこの地を宇奈岐日女神社の大神が力自慢の道臣命(蹴裂(けさき)権現)に命じて湖の壁を蹴破らせて田畑を開いたという伝説から農業の神また水神さまとしてこの地の人々に親しまれ湯布院の守護神として...全文を読む

▲PageTop

前月     2012年04月       翌月

Menu

プロフィール

おかみ

Author:おかみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR